裏側のセカイ

体験談や気になった事を語っていきまブログ

【風俗店スタッフ経験談】元風俗店店長が暴露する裏側

若いころから僕は今までにいろんな職業を経験してきました。

その中で1番濃い経験となった職業『風俗店スタッフ』の経験談

関西有数の風俗グループで店長という役職を頂き、退職するまでの思い出や風俗店内部の裏側を暴露していきたいと思います。

 

【風俗店スタッフ経験談】元風俗店店長が暴露する裏側

長く続くことになると思いますが、マイペースに更新していきますので興味のある方はぜひ見て行ってくれればと思います。

 

風俗店員になるキッカケ

僕が21歳の冬、当時建築系の作業員をしていた僕は

 

起きる→迎え→現場到着→たんたんと毎日同じ仕事をこなす→現場終了→明日の準備→パチンコ→帰宅→メシ→風呂→寝る

 

こんな平凡な毎日を過ごしていて、いつからか「刺激のある仕事がしたい」と思い始めながらも同じ繰り返しで何も行動できずにいました。

したいこともないし何をすればいいかもわからずひたすら心の中で思っているだけの中、ある日突然人生が変わることになりました。

 

休みだった僕はいつも通りパチンコ店へ

 

そこである先輩とたまたま会い声をかけられたのが

「知り合いの風俗店で働く男の子を捜して欲しい」と頼まれたのです。

その時「風俗店スタッフ」という職業なんて女の子に囲まれて、時には嬉しいあんなことやこんなことがあって楽に高い給料がもらえる少々ブラックな仕事

という固定概念がありました。

 

刺激のある仕事がしたかった僕は先輩に働いてみようかな?なんて言ってるととんとん拍子に話が進み面接に行くことになった。

 

たまたま休みだったのとナイトワーク系の仕事になるので時間が遅くても会社側からするとお昼ぐらいの時間帯なので即日お店に面接となりスーツも持っていない僕はその日の私服のまま証明写真だけを撮りお店に向かうことになりました。

 

お店付近に着き担当者の方に連絡すると雑居ビルの物置のようなところに案内され面接となり働きたい事を伝え、簡単な顔合わせ程度の面接でその場で採用、現在働いてることも伝えていたので出勤できるようになってから連絡をくれとの事で翌日当時務めていた会社に退職したい旨を伝え、退職する形になり1週間ゆっくり過ごした後、風俗店スタッフの道に進むこととなったのです。

 

風俗店スタッフとしての初出勤日

以外に出勤時間をきいたときに驚いたのは午前9時に出勤と言われまだ仕事内容もなにも聞かされていなかった僕は仕事を本気で覚えるつもりで電車に乗り店舗近くのコンビニでノートを買い、30分も早めについてしまったけど待ってればいいかと思い鍵の掛けられた店舗入り口で待つことにしました。

すると現れたのは40台にしてはかっこいいルックスの上司となるHさんが

「遅くなってごめんやで」と一緒に店内へ

 

まずは挨拶をし、

僕「他のスタッフの方は何時頃来られますか?」

H「他のスタッフは17時に来るよ」

僕「僕が来る前はどうしていたんですか?」

H「2ヶ月前にスタッフが飛んで1人でやってけどさすがに怖いやろ!」

僕「もっと怖い人がいっぱい居てお客さんが何か悪いことすると大変なことになるとか思ってたんですがそんなこともないんですね!」

H「そう思わせて悪いことはされないようにしてはいるけど実際何かあったときは全力で女の子を守るよ」

そのときトラブルや揉め事大好物!なんて無敵を感じていた若い頃なので仕事で何かあっても大暴れしてもいいんや♪

なんて心の中で思い、これから楽しい仕事の毎日が待ってるとオープン前のお店で男2人でいながら思っていました。

 

 

それがその後、全然思いもしない展開となっていくことになるのですが。。。。。

 

風俗行ったら人生変わったwww(下)【電子書籍】[ 山口かつみ ]

価格:540円
(2017/1/25 15:29時点)
感想(0件)

人気記事【風俗嬢の口説き方】現役風俗嬢10人に聞く落ちる口説き方暴露!

 

続きの記事はこちら

chigaumichi.hatenadiary.com

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

参加中!ぽちっとワンクリックご協力お願いします。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:chigaumichi:20170121112152p:plain

当ブログ公式facebookページもお願いします。

【PR】電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで