裏側のセカイ

体験談や気になった事を語っていきまブログ

【風俗店スタッフ体験談】風俗で起こるトラブルの裏側

元風俗店店長が明かす風俗店で起こるトラブルの裏側を暴露!

今回は~風俗で起こるトラブルの裏側

前回の記事【【風俗店スタッフ体験談】受付スタッフの裏側事情① 

 

風俗店で起こるトラブルの裏側

 

風俗店で勤務する中で数々のトラブルに対応することも多く、キャストとお客様のトラブルはもちろん、キャストとスタッフのトラブル、スタッフとスカウトのトラブル、運営会社とお客様のトラブル、競合店同士のトラブルなど言い出すとキリが無いぐらいさまざまなトラブルを目の当たりにしてきました。

 

ダントツで多いのはキャストとお客様のトラブル

まずは、やっぱりダントツで頻繁に起こる「キャストVSお客様」

その中でも特に多いのが本番禁止のお店での本番強要ですね。

風俗店の店内やお客様の待合室に存在する-注意事項-を記した注意書きには必ずと言っていいほど暴言、暴力、女性の嫌がる行為、本番強要の禁止が書かれています。

 

ですが、風俗店スタッフとしてはキャストの中には本番を許してしまう子も多く存在するのも事実で

「全お客様に許すキャスト」

「相手を選んで許すキャスト」

「断りきれないキャスト」

「お金をもらって許すキャスト」

「絶対に本番しないキャスト」

たちが悪いのが「本番強要を理由にお店にお金を要求するよう求めるキャスト」なんかもいます。

 

さらに風俗店スタッフ、店長、運営会社はそれを黙認してるのが原因でむしろ本番してくれるのを望んでいるのが実態です。

 

注意事項で禁止し本番禁止のお店の建前を作り、キャストがお店にトラブルとして連絡を入れてきたりしない限りは動きませんし連絡を入れてきてしまった以上、動かざるを得ない為にトラブルの対応をします。

 

トラブルが起こるとどうなる!?

本番強要に対してのお店側の対応としてはトラブルの状況に応じてですが断りきれなかったゴム付き本番強要のようなトラブルだと病院に行かせてやって欲しいと1万円ほどの病院費程度になるか、お店で大事に扱われてる子だとコレでも大きいトラブルにも張ってします。

特に力を使っての行為や生での行為の場合だとまさに大きなトラブルなので警察沙汰にするかしないかで足元を見られるようになります。

 

本番強要禁止の建前がある以上禁止行為を行ったのが事実になりますし、警察沙汰になると家族や会社にも関わってきたりする可能性もあるのでそこで足元を見ています。

 

言動によっては対応した店員も恐喝になりますし、お客様も恥ずかしい事件の当事者になってしまうのでどんな状況であれ基本的にはお客様が警察沙汰を避けてお金を払って解決するケースがほとんどでした。

 

トラブルを避けるためには!?

中には本番行為中はそんなそぶりも無く突然終わってから騒ぐ子もいるのでそんな子に当たったお客様は災難でしかないと思いますがトラブルを避けようと思うと

「一切しない」

という事でしか少なからず可能性があることなので十分注意しておかなければいけませんね!

 

可能性を下げる為には!?

勤務してたお店では結構お客様とスタッフが仲良くなり、できる子、できない子を教えたりしていましたので同じお店に頻繁に行くなら仲良くなっておいて損はないですね。

スタッフが断定してこの子と言う場合は他のお客様が教えてくれていたり、系列店スタッフや運営会社の上司、個人的な友達などから得ている情報なのでトラブルの可能性は少なからずありますが、トラブルが起こったキャストを教えてくることは無いので可能性をあげることが出来ます。

 

風俗で起こるトラブルほど恥ずかしい思い出を作ることは無いですから風俗によくいかれる方は注意して楽しんでくださいね!

 

風俗行ったら人生変わったwww(下)【電子書籍】[ 山口かつみ ]

価格:540円
(2017/1/25 15:29時点)
感想(0件)

人気記事【風俗嬢の口説き方】現役風俗嬢10人に聞く落ちる口説き方暴露!

 

続きの記事はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

参加中!ぽちっとワンクリックご協力お願いします。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:chigaumichi:20170121112152p:plain

当ブログ公式facebookページもお願いします。