裏側のセカイ

体験談や気になった事を語っていきまブログ

僕に与えた犯罪の人生への影響

タイトルから考えたら極悪非道の限りを尽くした悪人のような書き方ですが、
若い頃から考えて暴力沙汰の傷害や窃盗、道路交通法違反など今までの人生では
4回の逮捕を経験して
僕自身の人生に与えられた影響について書いてみたいと思います。

もっとひどい方もいらっしゃるでしょうけど現在もっと犯罪を重ねることを目指してるのではなく
立派に人生を送ることを目指しているので
同じように犯罪に走ってしまいそうな人や
共感できることを書ければと思って現在に至ります。

僕は28歳になる今まで逮捕歴として
傷害罪
暴行罪
窃盗罪
暴力行為法違反
凶器準備集合罪
無免許運転で道路交通法違反
で逮捕された逮捕歴があります。
子どもの頃を含めての逮捕歴で全てにおいて最短期間で執行猶予や略式起訴、保護観察で社会復帰することになりましたが
逮捕歴が直接影響というのは
目指すものの違いか少ないですが、直接の影響よりも他の影響が人生を苦しめることは
経験してきたように思います。

影響というよりも犯罪に走ってしまう時は何かと犯罪を犯してしまう者の理由が大抵あります。
理由はどうあれ結果として犯罪な訳ですが、
お金の為や見栄の為、
流れに背けなくて当事者になったり
多くは自分のプライド
意地によるものが多かった気がします。

周りにはかなり多くいましたが、
薬物犯罪は無いのでいつも何か理由はありましたが、
僕の場合は自分で思う限りそういう場面に遭遇してしまうような環境や交友関係は大いに人生に影響を与え同じことを繰り返してしまうきっかけのひとつだと考えています。

何かのせいにしてるのではなくて
結局は自分の決断、判断によるもので犯罪を犯す訳で本人がもちろん悪い訳なんですが
一旦逮捕されるような状況な訳で
周りに影響されるような人や見栄っ張りな人、謝ることや譲り合いの気持ち、
人の物に手をつけなければ事足りないような遊び方、生活の仕方からひとつの犯罪へ結びつくのが
逮捕〜社会復帰
始まりから終わりのような感じなのが僕の経験から落ち着いてみて考えてしまう経験でした。

拘禁生活という
2度と同じような事を繰り返さない為には
自分的には2つの事を守れば
防ぐことができると考えています。
それは
「交友関係を見直し人生においての生活環境を変える」
「自分自身が求めてしまわないように価値観や考え方を変える」
この2つがあれば犯罪に手を出さなけばいけないほど追い込まれることはないし
見栄の張り合いも意地も何もなければもし仮に同じ状況になっても
自分が正しいと思う判断、犯罪に繋がらない判断ができるからです。

最終的には
犯罪に繋がる状況にいる人に与えられる影響というのは大いに影響しているということです。
お堅い仕事でない限り逮捕歴を調べられたり過去を洗い出されるようなことはないので影響は余り感じられません。
でも自分自身では事実である以上逮捕歴のある自分を忘れる事は2度とできない事実です。
それは考え方や立ち振る舞いなどには影響するのも経験があるからこそわかる事です。

自分への罪悪感や人生の後悔に繋がることも間違いはないし
はっきりと言えるのは確実にいい影響を与えることはなくマイナスに働く資格を持ったようなもので一切いいことはないので、
みなさんは同じ経験、
繰り返してしまう犯罪から自分の判断で正しい方向へ導いていってください。

最後までご覧頂きありがとうございます。